アパレル・ファッション TREND MEDIA

株式会社リンクスタッフィングが運営する「アパレル・ファッション TRENDMEDIA」では、流行のファッション・コスメ・カフェなど、旬な情報をご紹介しています! 憧れのアパレル業界でお仕事するならリンスタへ♪

トレンドカラーって、どうやって決まるの?

トレンドカラーの不思議

f:id:fashionkyujin:20190306113447j:plain


そろそろ春物の新作が店頭で並び始める時期ですね。

寒い冬が終わり、暖かな春がやってくるとあって、心も和やかになるこの頃。

おしゃれに敏感な皆さまは、新しい季節に着るお洋服に迷われている頃ではないでしょうか?

そうなると気になるのが、今年の「トレンド」ではないでしょうか。

アイテム、ディテール、コーディネートと、チェックすべき項目は沢山ありますが

まず、一番に注目したいのが「トレンドカラー」です。

 

アパレルだけでなく、メイクやヘアカラーにも取り入れられ、

トレンドカラーを意識するだけでその年らしいトータルコーディネートになります。

 

では、何気なく雑誌やネットで知ることが出来る「今年の流行色」とは一体何なのでしょうか。

 

一体誰が、いつ、どのように決めて、世界に発信されるのか不思議ではありませんか。

今回は、その「トレンドカラー」についてご紹介いたします。

 

トレンドカラーが生まれるまで

トレンドカラーといっても、その時流行った色を指すのではありません。

 

実は、2年後に流行るであろう色を、あらかじめ決められた色なのです。

つまり、トレンドカラーは2年も前から決まっているのです。

 

インターカラー(国際流行色委員会)という、現在16ヶ国が参加する世界組織が

年に2回の話し合いをして決めていきます。

時代の背景や、感情を反映したカラーの世界観、素材の質感や配色などを元に

20〜30色程度を、インターカラーパレットとして発表されます。

 

◉参加国 

アメリカ・イギリス・韓国・スイス・スペイン・タイ・中国・デンマーク・ドイツ・トルコ・日本・ハンガリーフィンランド・フランス・ポルトガル

 

そして、その話し合いの内容をふまえて

インターカラーの中の日本代表である、日本流行色協会(JAFCA)が今度は国内向けにトレンドカラーを決めます。

 

このJAFCAとは、カラーデザインの向上や豊かな色彩生活を目指す60年以上もの歴史のある団体です。

アパレル、インテリア、メイク、他業種の中でカラーデザインに関連する様々な活動を行っっています。

 

ここでトレンドカラーが決定し、実シーズンから約1年半前に素材展示会で発表されます。それから、それぞれの業種のメーカーが商品企画、制作に取り掛かるのです。

 

なぜ、2年前に決められるのかというと、

実シーズンに向けて商品を作るのに、時間が必要だったからです。

 

ただ、この情報を得るためには素材展示会に行くか、

JAFCAの会員になる必要があります。

 

f:id:fashionkyujin:20190306113905j:plain

 

 

気になる2019年のカラーは!

アウェイクニング・オレンジ

色名:アウェイクニングオレンジ Awakening Orange

マンセル値:4.7YR6.8/11.4 系統色名:ストロングオレンジ

JAFCA | 一般社団法人日本流行色協会 | Color Column

 

f:id:fashionkyujin:20190306114134j:plain

カラー選定の背景

「Awakening」とは、「覚醒、気づき」という意味を持っています。元号が変わる2019年、新たな「気づき」をもって新しい時代に向かう、ビビットなオレンジを選定されたそうです。

また、2019年のキーワードに多様性を認めるダイバーシティが注目されるようになることから「コミュニケーション・寛容さ」や、東京オリンピックの開幕が近づいていることから「スポーツ・健康」などが挙げられたそうです。

 

アソートカラ―(組み合わせる色)

①カームベージュ

②パンチパープル

③ハーツィーズピンク

④インスパイアブルー

⑤コネクティンググリーン

聞きなれないカラーではありますが、見てみるとファッションに合わせやすいオトナな色味です。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

2019年はこれらの色が様々なシーンで活躍するかもしれません。

皆さんもぜひトレンドカラーを取り入れたファッションに身を包んでみてはいかがでしょうか?