アパレル・ファッション TREND MEDIA

株式会社リンクスタッフィングが運営する「アパレル・ファッション TRENDMEDIA」では、流行のファッション・コスメ・カフェなど、旬な情報をご紹介しています! 憧れのアパレル業界でお仕事するならリンスタへ♪

東京で一人暮らし ~住みたい街~

f:id:fashionkyujin:20190228100608j:plain

東京で一人暮らし ~住みたい街~

桜のつぼみが膨らみ始め、出会いと別れの多い季節になってきました。
就職・転職・進学を機に、親元を離れ、憧れの東京での一人暮らしをスタートさせる方も増える時期です。
今回は、はじめての一人暮らしを気持ちよくはじめるにあたり、東京の人気の街や、気を付けたい部屋選びのポイントをご紹介したいと思います。

アパレル派遣のリンクスタッフィング

f:id:fashionkyujin:20190228100727j:plain

東京で住んでみたい人気の街

不動産・住宅サイトのSUUMOが実施している、住みたい街ランキングによると、関東の2018年の首都圏の住みたい街は、以下の結果になっています。

1位:横浜 
2位:恵比寿 
3位:吉祥寺 
4位:品川 
5位:池袋 
6位:武蔵小杉 
7位:新宿 
8位:目黒 
9位:大宮 
10位:浦和

この中で、東京都では、恵比寿・吉祥寺・品川・池袋・新宿・目黒がランクインしています。
これらの街は、一人暮らしで住んでみたい街としても人気の場所となっています。
同じ東京とはいえ、ちょっと移動しただけでも雰囲気や住んでいる人の感じが違うことがあります。
自分の生活スタイルにあった場所を探すというのも、部屋探しの重要なポイントです。

◆恵比寿

恵比寿は、おしゃれで高級なイメージが強い街で、一度は住んでみたいと思う人の多い街です。
恵比寿駅にはアトレをはじめとした商業施設や飲食店が充実しています。
恵比寿ガーデンプレイスがランドマークであり、駅から動く歩道で直結しています。

山手線・埼京線日比谷線が通っており、通勤・通学やショッピングに大変便利です。
ネックは家賃の高さで、ワンルームでも10万円をこえてしまうので、なかなか住むにはハードルが高い憧れの場所です。

◆吉祥寺

恵比寿と同じく、毎年住みたい街では上位ランクとなっている吉祥寺は、庶民的な商店街からおしゃれなファッションビルや路面店が充実しています。
吉祥寺駅は中央線や井の頭線が通り、都心へのアクセスが良いのにもかかわらず、井の頭公園もあり、都会すぎないのでとても人気があります。
家賃は、ワンルームで7万円台からが相場です。

漫画「吉祥寺だけが住みたい街ですか」(マキ・ヒロチ)の不動産屋さんの舞台にもなっている場所です。
こちらは部屋探しの参考にもなると思うのでお勧めします。

◆品川

品川は、品川駅近辺はオフィス街であり、一人暮らしをはじめる場所としてはなかなか現実的ではありません。
品川区でみてみると、東急沿線の武蔵小山・戸越銀座周辺は商店街が充実しており、活気もあり人気のエリアです。
ただ個人経営のお店が多いので、夜遅く帰る方はお店が閉まっていることも多いかもしれません。
利便性に富み、マンションだと家賃は7万円~8万円台からが多いです。

◆池袋

池袋は、東京を代表する副都心です。
池袋駅は埼玉県や西東京方面からの通勤や通学で多くの人が行きかうターミナル駅で、JRや私鉄、地下鉄各線が通っています。
西武・東武といったデパートがあり、サンシャインシティもあります。
さらには、立教大学自由学園明日館といった文教施設が充実しています。

駅前は商業施設が多く、繁華街となっており、一部地域では犯罪も多く、住むのに適する場所は限られるのですが、少し足を延ばすと、とても落ち着いた昔ながらの住宅街が広がります。
やはり便利な場所ということで、家賃も8万円をこえる物件が多いです。

山手線・西武池袋線東武東上線有楽町線副都心線で数駅行くと家賃も手の届く範囲になってきますので検討してみてはいかがでしょうか。
駒込・十条・成増・小竹向原などはアクセスも良く、住みやすい街です。

◆新宿

新宿も池袋と同様、東京都庁の所在地でもある副都心です。
そして、日本を代表する観光地でもあります。
新宿駅は、かなり巨大なターミナル駅で、日本のみならず世界各地からさまざまな人が訪れます。
駅周辺はルミネ・京王・小田急伊勢丹・丸井と老舗デパートがあり、歌舞伎町といった日本有数の繁華街があります。
とても楽しくて文化的な街ですが、住むのに適した場所はそう多くはありません。
こちらも数駅離れた場所に住むというのもいいかと思います。

中央線で中野・高円寺・西荻窪または小田急線で下北沢まで行くと、いつの時代も若者に人気の劇場・ライブハウス・飲食店・マニアックなお店などが充実したカルチャーの聖地ともいえる場所となっています。
家賃もワンルームの相場では7万円台からあります。

◆目黒

目黒駅はJR山手線、東急目黒線東京メトロ南北線都営三田線が利用できる便利な駅です。

恵比寿同様、落ち着いた雰囲気で、おしゃれなお店も多いですが、やはり家賃はワンルームでも10万円をこえます。
物価も高めなのでなかなか住むのにはハードルが高いのかなと思います。

目黒区で見てみると、実際に一人暮らしを始めるのに人気なのは、東急東横線沿線の中目黒駅祐天寺駅学芸大学駅都立大学駅などです。
家賃も7万円台後半からが相場で、手の届く範囲となっています。

中目黒駅周辺にはおしゃれなお店が多く、目黒川の桜もとてもきれいで、春には花見客でいっぱいになります。
ドラマのロケ地としてもよく使われています。
芸能人にも出くわすかもしれません。
渋谷や代官山まですぐに足を延ばせるので、遠出をしなくても休日を楽しめる街です。

◆そのほかに一人暮らしに最適な街

東京都内でその他に一人暮らしに適した街はまだまだ多くあります。
最近人気が出てきたのは、ターミナル駅で便利な足立区の北千住駅周辺や、清野とおる作の漫画「東京都北区赤羽」で注目を浴びた、北区の赤羽駅周辺です。

雑多な雰囲気ではありますが、とても便利で楽しく、ほっと一息つけるエリアです。
歩いてみてしっくりときたらおすすめしたい場所です。
家賃の相場はワンルーム6万円台後半からとなっています。

世田谷区の三軒茶屋駒沢大学なども渋谷に出やすく、おいしい飲食店やおしゃれなお店が多くて人気です。
家賃は8万円台からとハードルは上がります。

郊外に向かって関心が行きがちですが、探せば都心にも住むのに適した場所があります。
文京区には東大などの文教施設が多く、大きな病院もあり、治安がいいと評判です。
千石、千駄木江戸川橋あたりのエリアは昔ながらの風情も残しつつ、通勤や通学にとても便利です。
やはりこちらも家賃はワンルームで8万円台からが相場となっています。

アパレル派遣のリンクスタッフィング

f:id:fashionkyujin:20190228100819j:plain

 

部屋探しのポイント

では、部屋を探すのにあたり気を付けたいポイントについてみていきたいと思います。
 ・利便性 (職場や学校へのアクセス方法・沿線をまたいだ交通費なども調べましょう。)
 ・安全性 (治安の悪い場所は女性は特にNG。犯罪マップなども参考にしましょう。)
 ・環境 (できれば自分のライフスタイルや性格に合った場所を選びたいものです。)
 ・家賃 (収入の手取りの3分の1程度に収めましょう。共益費などの出費もあります。)

などがあげられます。

信頼できる不動産屋さんと出会い、なるべく多くの物件を見て、焦って決めないことが大切です。
物件の築年数や駅からの距離、風呂とトイレの配置などによっても家賃は変わってきます。
自分はどこに重点を置き、どこを妥協していいのかしっかりとまとめておきましょう。
周りにどんな人が住んでいるのか、暗くなってからの様子はどうなのか、カビ、匂い、虫、騒音などに悩まされないかなども詳しく調べましょう。

東京で一人暮らしを始めるにあたり、住みたい街についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか?
ぜひ、納得のいく部屋で、仕事もプライベートも充実した日々を過ごしてくださいね。

アパレル派遣のリンクスタッフィング